行動することが大事だということを前回でもお伝えしましたが、それと同時に明るい未来へと焦点をお合わせることも大事です。
離婚することも、新しい世界へ一歩踏み出すことになります。私は離婚をして10年経ちますが、相手から養育費ももらわず、連絡も途絶えました。だからといってそこに憎しみは一切ありません。

 

そこに焦点を合わせていると結局は自分がダメになってしまうからです。

相手の幸せを奪ってでも養育費は欲しいですか?

相手から養育費はもらえるだろうか?とか相手からいくら取れるかなどは私にとってはエネルギーのムダです。だから早々に諦めていたし期待もしていませんでした。

 

今でもそれでよかったと思っています。たとえ離婚後、お金がなくてもです。離婚は卒業であり自立するチャンス。そのように捉えていた方が後に大きな変化がやってくるようになります。

 

そもそもいま、私のブログを読んでいること自体もう変化は起きてるんですよ!

本当に。

 

ただ、もっとあなたが離婚に対してなぜ離婚するのか?ネガティブな部分とそしてポジティブな部分も掘り下げて考えてみる必要があるのです。

 

そうでないと明るい未来の足枷になってしまいますから。

 

私の周りにもシングルマザーは何人かいるのですが、大概前夫のことに対しての不平不満を言っています。例えば、公正証書を取り交わしているのにもかかわらず相手が再婚をした途端、支払われなくなった、と。

 

確かにひどい話だとは思いますが、私の考えは相手は相手の人生があり前夫も新しい家族のためにそうせざるおえなかったのかもしれません。

 

たとえ公正証書を交わしていたとしても、もらえればラッキーだと思って前夫に頼らない人生を送る決意は必要です。

 

離婚してもまだ前夫の悪口を言い続けるのは正直自分自身の首を絞めているのと一緒でそこから何か生まれることは何もないです。

 

ただ憎しみ・嫉み・妬みのような負の感情だけが残りそれはいつしか自分に返ってくる(因果応報)。

 

病気だったりお金のトラブルだったりいろんな形になってやってきます。そうなったら困るでしょ?肝に命じてくださいね。

 

今回の話でだいたいわかるかと思いますが、私は離婚に対しての法的なことは一切わかりません。家庭裁判所や弁護士に相談するときのアドバイスもできません。

 

そういった情報を収集したいのであればこのブログでは期待できませんので悪しからず。
明るい未来へ向かうにはどうしたらいいか?そこに焦点を当ててこれからもお伝えしていきます。

 

相手の申し立てで家庭裁判所へ出頭


しかし、家庭裁判所は2回ほど出向いたことがあります。前夫が申し立てをしてなぜか2回で取り下げてきました。家庭裁判所に出頭したときの話をしますとまず待合室は申し立て人と相手方とは別々です。待っている間は静かでとても冷たい空気が漂っていたというのが印象的。

 

結局、調停員に離婚したいという経緯を話すことと相手の悪い部分を指摘することがとてもネックでした。月一回程度の出頭で交通費も時間もかかります。

 

せっかく離婚に向けて資格を取る勉強を始めていたばかりだったのですが、その後やる気力が薄れてしまい資格を取るのを諦めてしましました。たった2回の出頭でしただけでかなりモチベーションは下がりました。それだけエネルギーを使うしいつまでも引きづります。

 

母のすすめで弁護士にも相談

あと、弁護士にも母のすすめで1度相談したことはありますが30分で5,000円でした。やはりそこでも離婚の経緯や夫のことを説明することがとても嫌でした。

 

私が対応してくれた弁護士の人は何かとお金の話が多かったです。前夫は関西の実家に戻ることになるので弁護士が対応すると交通費も加算されます。聞いているだけで頭がパニックになりました。

 

どっちみち前夫は「会社をやめる。」と言っていたのでお金なんてもらえるわけないんです。養育費も法律的には支払う義務はないですからね。

 

弁護士に相談しても意味がなかったです。TVに出てくる弁護士みたいな正義感の強いイメージとは裏腹にとても事務的で機械的(冷たいイメージ)でした。

 

まとめ

 

  • 離婚する心構えに必要なことは養育費はもらえてラッキー程度で前夫に頼らないと決意する。
  • 家庭裁判所・弁護士に相談しても時間とエネルギーの無駄。
  • 離婚をネガティブからポジティブへと置き換えることができればのちに大きなチャンスはやってくる。

離婚は卒業そして自立(成功)のチャンスですよ。前向きに考えましょう。

===============

お読みいただきありがとうございます^^
ポチッと押していただけるとありがたいです。


シングルマザーランキング

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村