婚姻中、専業主婦だった私は元夫の健康保険から私と子どもを外して自分で加入をしなければりませんでした。

私の場合はまだ就職が決まっていなかったので国民健康保険に加入しました。
加入をして心配なのは支払いがどれだけになるのか不安ですよね?
でも安心してください!国民保険に加入すれば免除になる場合があります。



国民保険加入の場合

離婚後に国民健康保険に加入するときは、手続きを行う役場に配偶者の健康保険から外れたことを証明する資格喪失証明書を提出する必要があります。

この証明書は配偶者の勤務先に発行してもらうようにします。

私の場合は就職が決まっていなかったので国民保険にすぐ加入しましたが離婚後すぐに就職して勤務先の円光保険に加入するなら、国民健康保険に加入する必要はありません。

そうした場合は資格喪失証明書を新たな勤務先に提出します。

 

国民健康保険は、離婚前の健康保険の資格を喪失したときから14日以内に加入手続きをすれば、さかのぼって保険が適用されます。

 

 



配偶者の国民健康保険に加入していた場合

 

配偶者を世帯主とする国民保険に加入していた場合は離婚後、自分を世帯主とする国民保険への変更手続きが必要です。

また、離婚して引っ越す場合は、転居前の国民健康保険を脱退してから、14日以内に引越し先で改めて加入手続きを行います。

 

また、就職したなら勤務先の健康保険に加入し、14日いないに国民健康保険の脱退手続きをします。その際、勤務先の健康保険への加入手続きは勤務先がしてくれます。

 

いずれの場合も、子どもの健康保険も変更捨必要があるなら、その手続きも同時に行うようします。

 



国民健康保険料の支払いが困難場合

国民健康保険料の滞納を続けてしまうと、延滞金が発生してしまうので注意! 最悪の場合は差し押さえをされることもあります。支払いが経済的に困難という場合は分割払いや免除の制度などがあるので、役所の担当窓口で相談するといいです。

総所得が言っていいかの世帯の場合、確定申告をすれば保険料が減額されます。

私の場合はパートで働いていた2年間くらいは全額免除でした。



子どもの健康保険の変更

離婚後、新たに自分を世帯主とする国民健康保険に加入するなら子どもも同じ世帯員として手続きをします。その際、離婚前は配偶者先の健康保険に被扶養者として加入したいなら、本人の資格喪失証明書以外に、子どもの資格喪失証明書も必要になります。

 

また婚姻中は配偶者の勤務先の健康保険に子どもも被扶養者として加入していて、離婚後に自分の勤務先の健康保険に加入させる場合は勤務先にも子どもの資格喪失証明書をと子どもを出被扶養者とする届け出を提出します。

 

子どもの健康保険は婚姻中のままでもOK

母親が子どもを引き取った場合でも健康保険を婚姻中のままにしておくことも可能です。

国民健康保険の加入の場合、子どもの分の保険料がかかってしまいます。

父親の承認があればそのまま父親の会社の健康保険に残すことができます。話し合いが可能であれば負担が少なくなるので相談したほうがいいですね。

 

 

===============

お読みいただきありがとうございます^^
ポチッと押していただけるとありがたいです。


シングルマザーランキング

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村